大腸カメラ・大腸内視鏡検査

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸内視鏡検査

大腸カメラ検査とは、肛門から挿入した内視鏡により、直腸を含む大腸、小腸の一部までを観察することのできる検査です。「大腸内視鏡検査」「下部消化管内視鏡検査」とも呼びます。
がん、ポリープ、炎症などの発見・診断・治療に役立てます。

鎮静剤(麻酔)を使用した苦痛が少ない大腸内視鏡検査

鎮静剤(麻酔)を使用することで、ほとんど眠ったような状態で、苦痛なく大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けていただけます。以前に受けた大腸カメラ・大腸内視鏡検査が苦しかったという方は、枚方市の当院にご相談ください。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の所要時間・流れ

所要時間

通常、10~15分程度で終了します。

1大腸内視鏡検査前日

  • 下剤を取りに当院までお越しいただきます。
  • 夜は、8時までに、消化の良い、軽めの食事を済ませ、以降は水分(水、お茶、スポーツドリンク)摂取のみとしてください。また、早めの就寝を心掛けましょう。
  • それ以外は、普段通りの生活で構いません。

2大腸内視鏡検査当日の朝

  • 朝から絶食し、少量の水分(水、お茶、スポーツドリンク)摂取のみとしてください。
  • 下剤を飲んでいただき、お通じを済ませます。

3ご来院

  • 大腸カメラ・大腸内視鏡検査で鎮静剤(麻酔)を使用する場合がありますので、お帰りの際には車の運転ができません。車でのご来院はお控えください。
  • 予約時間の30分前を目安にご来院ください。

4大腸内視鏡検査

  • 鎮静剤(麻酔)を使用する場合は、鎮静剤(麻酔)を静脈注射にて投与します。
  • 大腸、小腸を観察します。
  • 食道、胃、十二指腸を観察します。

※異常な炎症やがんが疑われる病変を見つけた場合には、内視鏡の先端からの処置具により、組織を採取することがあります。

5大腸内視鏡検査後

  • 鎮静剤(麻酔)を使用した場合は、院内で安静にしていただいた後、検査結果の説明を行います。鎮静剤を使用しない場合は、準備ができ次第、検査結果の説明へと進みます。
  • 鎮静剤を使用した場合、車の運転はできません。
  • 当日中は、飲酒、運動はお控えください。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査) の費用

大腸カメラ・大腸内視鏡検査は、健康保険が適用されます。

大腸カメラ・大腸内視鏡検査(3割負担の場合) ¥6,000程度

※初診料の他、確定診断のための組織採取(生検)を行った場合や、大腸ポリープ切除術、粘膜切除術、血液検査、薬の処方などで追加費用がかかることがあります。予めご了承ください。
※大腸ポリープ切除や粘膜切除術の手術を受けられた場合は、生命保険の保険金給付対象となることもあります。加入されている方は、保険会社の方にご相談ください。給付対象であれば、当院の証明書を発行させていただきます。

便検査に引っかかってしまった方へ

大腸がん検診における便潜血は、それほど精度の高いものではありません。陽性と指摘された場合、実際に大腸がんである方はその30%程度、陰性と指摘された場合に大腸がんである方が10%程度見られます。
陽性と言われたから危険、陰性と言われたから安心とは言い切れません。
便検査は簡便であるというメリットはありますが、より確かな診断のためにも、大腸カメラ・大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

便検査

年に1度は大腸カメラを

年に1度は大腸カメラを

大腸がんに限ったことではありませんが、がんリスクは、加齢とともに上昇していきます。
自覚症状がない、便検査で問題を指摘されなかった方も、特に40代以降の方は、年に1度の大腸カメラ・大腸内視鏡検査をお勧めします。
がんだけでなく、大腸や小腸のさまざまな病気の早期発見につなげましょう。

一番上に戻る
TEL:072-855-0117 メールでのお問い合わせ